福音の少年 外伝

「福音の少年」シリーズから生まれた物語たち。


サンプル

「福音の少年」シリーズとは?


もともとは「新世紀エヴァンゲリオン」の二次創作小説であった「錬金術師ゲンドウ」を加筆修正し、オリジナルのファンタジー小説として生まれ変わ らせたのが、「福音の少年」です。
この作品は、二度、出版社より出版されました。最初は「ぺんぎん書房」というところから。このとき、漫画家の中臣亮さんのすばらしいイラストと装 丁以外はそれほど元の「錬金術師ゲンドウ」と違いはないと思います。つぎに徳間書店というところの「徳間デュアル文庫」というところから、合計7 冊のシリーズとして刊行されたのです。これは、大雑把に言って、もともともの「ぺんぎん書房版」の「福音の少年」を三冊に分割し、さらに四冊ぶん の書き下ろしを加えて完結させたものでした。徳間書店版の「福音の少年」シリーズは前半はまあまあ「錬金術師ゲンドウ」と近くても、後半はまるっ きり新しいストーリーになっています。

福音の少年シリーズの外伝

外伝小説は、キャラクターを掘り下げるための習作という麺がありますので、正直、完成度はいまいちのものもあるかもしれませんが、よかった らお読みください。あ、主要キャラ(少年ひとり、少女ふたりとか怪しげな錬金術師にその妻の魔女といったひとびと)は出てきません。おまけ に、どれも暗いです。ラブコメっぽい外伝が書けなくて。すべてpdfです。

異動図書館の日 

徳間デュアル文庫「福音の少年 闇と光を統べるもの」の、8千年後の後日譚です。

「来訪」の真実 

徳間デュアル文庫「福音の少年 魔法使いの弟子」、ぺんぎん書房「福音の少年」の前日譚です。

ブリンクマン追跡 

ウィズ・ブリティッシュが活躍する話。

ファイアワークス 

「ブリンクマン追跡」の続編です。

国境の町 

まったくの番外編です。もともとは「福音の少年」の番外編として「人狼王子」という話を書こうと思ってたのですが、それの設定を流用しての 一編。

「福音の少年」公式ガイドブック

「福音の少年」(一部「錬金術師ゲンドウ」の)いろんな用語や概念を解説したガイドブックです。(別 のウィンドウで開きます)

福音の少年シリーズを読むにはどうすればいいのか?


「福音の少年」シリーズはもうほとんど書店では見かけないと思いますが(汗)、電子ブック書店などでいつでもお買い求めいただけま す。ソニー・リーダーやガラパゴスをお持ちの場合は端末などから「加地尚武」あるいは「福音の少年」で検索してみてください。

とりあえずWEBから購入する場合は下のリンクをどうぞ。

Reader Store (外 部リンク)
GALAPAGOS Store (外 部リンク)
inserted by FC2 system